原状回復工事をしよう|マンション退去時のマナー

賃貸を解約する際の注意点

リフォーム

覚えておきたい言葉の意味

賃貸契約を解約する際、原状回復が求められることがあります。不動産では現状回復ではなく原状回復となるわけですが、この意味は最初にあった状態、元のままの形態に戻すということです。つまり、賃貸を出る時には、元の状態に戻してくださいという意味になります。これが現状回復なら現在の状態に戻すという意味になりますので、何もしなくても良いという風にも捉えることができます。このような不動産用語をよく知っておかないと、原状回復を現状回復だと思い込んでしまい、出る時に特に必要なことはないと考えてしまいます。実際には原状回復と記されていますので、床に傷をつけてしまったり壁に色がついてしまったり、備え付けの設備が壊れてしまった時には修理にかかる費用を負担しなければなりません。長年住んでいると様々な部分が壊れたり傷がついたりしてしまうのですが、そのままにして明け渡すことはできませんので、どの程度の原状回復が必要なのかをしっかりと把握しておかなければなりません。賃貸契約を結ぶ際にはこの原状回復についての説明がきちんとなされているはずですが、ただ何となく聞いていると現状回復のことだと勘違いしてしまうこともあります。いざ出る時に思わぬ出費が発生することもありますので、どの部分に関しての費用が発生しそうかを自分なりに計算しなければなりません。万が一不満に思うようなことがあれば、サインをする前に話し合うことが大切です。