原状回復工事をしよう|マンション退去時のマナー

賃貸住宅の価値を維持する

空室

次の入居者を迎えるために

アパートやマンション等の賃貸住宅で住人が退去する場合は、原状回復工事というものを行います。原状回復とは、住戸をその住人が入居する前の状態に戻すことをいいます。といっても完全に元に戻すことは不可能ですから、次の入居者にほぼ同じ程度の価値を持つ住宅として貸せる状態にするということになります。つまり簡単に言えば、原状回復工事とは生活していた間に損耗したり故障したりした箇所に対する修繕工事だということです。原状回復工事を行うに際しては、まず入居者立ち合いのもとで住戸内の点検を行います。これは、一般的な賃貸借契約にあっては、過失や不正な使用等を原因とする損耗等については、原状回復は入居者の責任となるという条項があるためです。一方、日焼け等の自然な劣化についてはオーナーが補修責任を負います。点検後、修繕が必要な個所をリストアップしたら費用の見積もりを出し、入居者が負担すべき額を確定します。入居者の同意が得られたら、預かっていた敷金の中からその分を差し引きます。もし敷金の額を上回るほどの工事費用が必要になる場合は、不足分を後日請求します。原状回復工事の手配はオーナーが行いますが、工事内容は塗装・配管・畳替えなど多方面にわたることが多いため、最近では原状回復を総合的に扱う工事業者に委託し、ワンストップで手配するケースが一般的です。こうした工事業者の中には、費用負担をめぐって入居者との間にトラブルが生じないよう、住戸点検に立ち会うサービスを提供しているところもあります。

リフォーム

賃貸物件を返すときの注意

建物の賃貸借において借主に課せられる現状復帰義務は、契約書等に具体的に明記されていることが必要という判例があるため、標準的な契約書では、通常の使用による損耗や毀損については、現状復帰義務はないと定めているのが基本です。

家

事前対策がとても重要

賃貸物件において、借主が物件を引き払う際に必ず浮上する原状復帰の問題があります。原状復帰では大きな金額が動く為、貸主との間で最後に揉め事が残らないように、入居時に相互確認をしておいたり、写真を証拠として残しておくなどの、事前対策を必ず行いましょう。

リフォーム

賃貸を解約する際の注意点

不具合が発生した場所や壊れた設備は、原状回復として解約時に修理されます。その際にはかかる費用を負担しなければなりません。原状回復は元の状態に戻すという意味ですが、これを現状回復と勘違いしてしまうと現状の状態に戻すと考えてしまいます。負担分に不満がある場合は、サインをする前に話し合う必要があります。